あなたは駄菓子屋にどんな思い出がありますか?

駄菓子を通して
自分で決める喜びを手に入れる!


今日はどのお菓子を買おうかな?
自分で選んで買えるってうれしいね♡

『駄菓子屋いっぽ』は自由に選んで自分で決めていくことの大切さを伝えていきます

 

こんにちは、『駄菓子屋いっぽ』りさです

私は小学生の時、駄菓子屋のおばちゃんに覚えてもらって、話しかけられ、とても嬉しかったことを思い出します

小学校の近くに駄菓子屋さんがありました。
その駄菓子屋は古い建物で、壁にスーパーボールや遊び道具がぶら下がっていたり、駄菓子がケースや箱にところ狭しと並んでいました。
私はいつも100円玉を握り、それをポケットに入れ、友達と一緒に自転車でその駄菓子屋に通っていました。

自分の好きな駄菓子を選ぶ。時にはケースから好きな駄菓子を好きな分だけ取り出す。
そして、買ったお菓子を食べながら、友達とくだらないことで大笑いし、はしゃいだ・・・。
駄菓子屋は、そんな安心する場所でした。


あなたは駄菓子屋にどんな思い出がありますか?

駄菓子屋に行くと
自分が今日持ってきたお小遣いの範囲で、何を食べようか迷い、持ってきたお小遣いより高くなってしまった時は「何をやめて、どうやって欲しいものを手にするのか」考える。
子供にとって、計算すること・考えること・そして決断することを体験できる学びの場なのかもしれません。

そしてコミュニケーションを学ぶ場でもあります。


しかし、昨今、昔ながらの駄菓子屋が減り、
子供にとって駄菓子は親と一緒にスーパーに行き、買い物かごにポンっと入れ、買ってもらうものとなりました。


駄菓子屋は子供から大人、健常者も障がい者も関係なくみんなが集まれる場所。
そして、その駄菓子を通して自分で決める大切さを伝えていく!

駄菓子なら10円から、好きなお菓子を自分で決めて買うことができる。

自分の人生も自分で決めていいことを駄菓子を通して伝えていきたい。

そのために『駄菓子屋いっぽ』を始めました

 

駄菓子屋いっぽで体験できること

駄菓子屋いっぽでは以下が体験できます

①一人一人の時間の対応
②どこにでも移動できる
③自分のペースで自由に選び、決断すること


①一人一人の時間の対応

「駄菓子屋いっぽ」は
ゆっくり決めたい方、どれを買おうか迷ってしまう方にも一人一人対応。

自分で決断できているのか?
を見守っています。



②どこにでも移動できる

移動販売だから、どこにでも行けます。
もちろんご自宅にも出張いたします。

そして
ご要望があれば、学童保育の先生だった経験を活かし
子供達に駄菓子を通して選ぶことや遊ぶことの楽しさを伝えることも致します。



③自分のペースで自由に選び、決断すること

『他の店では時間を気にしたり
場所を気にしたりしてかしこまってしまう』

そんな方でも

『駄菓子屋いっぽ』は
気軽に→
自分のタイミング
自分の行きたい時
自分の買いたい時
自分が食べたい時に

自分のペースでゆっくり選び、決めることができます。



学校では学べない
『お金と決断のつながり』

駄菓子を選び、買うという行動を通して

★子供達は幼少期から決断力を習慣にしていくことができ

★自分で決めている感覚がない人は、決断をするトレーニングをすることができます

★お金を通したコミュニケーションを学ぶことができます


自由な選択の中から自分で決めていく

そして

誰かの喜びのためだけではなく
自分の為に買う喜び

それを
養っていくことができる

それが『駄菓子屋いっぽ』です



ご自宅で待っているだけで駄菓子屋さんがやってくる!

そして
駄菓子を買うことで
楽しくて
おいしくて
決断力が養える

そんな駄菓子屋さんを体験してみませんか?

ご興味がある方はぜひお問い合わせください。



 

移動販売について

駄菓子屋いっぽでは・・・
●コロナ対策として
販売者のマスク着用と検温、消毒等の徹底をしております。

●料金について
イベント等についてはお問い合わせください。

powered by crayon(クレヨン)